日本ベビーヨガインストラクター協会

Google+

JBIA



一般社団法人 日本ベビーヨガインストラクター協会です。
ママとベビーの笑顔を増やしたい!
親子の絆を深めるお手伝いをしたい!!
孤独な子育てをするママを減らしたい!!!
との想いで活動しております。
インストラクターの養成、子どもの健やかな身体と心を育てるヒントになる情報を発信しております。

RSSフィード購読はこちらから

RSSフィード購読はこちらから
病気

ヘルパンギーナ(夏風邪)が全国的に流行中!小児の重傷化に注意


ヘルパンギーナという病気、ご存知ですか?

夏頃(6月〜8月)に乳幼児を中心に流行する、ウイルス性の感性症です。

 

現在、ヘルパンギーナ(夏風邪)が全国的に流行しているようです。

 

厚生労働省のTwitterより

 

ヘルパンギーナとは

ヘルパンギーナは、発熱と口腔粘膜にあらわれる水疱性の発疹を特徴とした急性のウイルス性咽頭炎であり、乳幼児を中心に夏季に流行する。いわゆる夏かぜの代表的疾患である。その大多数はエンテロウイルス属に属するウイルスに起因し、主にコクサッキーウイルスA群である場合が多いが、コクサッキーウイルスB群やエコーウイルスで発症する場合もある。

(国立感染症研究所HPより)

 

 

症状

潜伏期間が2~4 日あり、突然の発熱に続いて咽頭痛が出現し、咽頭粘膜が赤くなり、口の中に直径1~2mm 、場合により大きいものでは5mmほどの紅暈(こううん、皮膚が部分的に充血して赤く見えること)で囲まれた小水疱が出現します。小水疱はやがて破れ、浅い潰瘍を形成し、痛みを伴うことが多いようです。

 

発熱は2 ~4 日間程度で解熱し、それにやや遅れて粘膜疹も消失します。発熱時に熱性けいれんを伴うことや、口腔内の痛みのため不機嫌、拒食、哺乳障害、それによる脱水症などを呈することがあるが、ほとんどは予後良好。

 

 

治療・予防

ヘルパンギーナを予防するワクチン等は現時点では無く、また治療方法も無いようです。

発熱・脱水・けいれん等の対処療法のみで、無菌性髄膜炎や心筋炎の合併例では入院治療が必要となります。

感染しないよう、うがい・手洗いを励行し予防に努めるのが一番良いようです。

 

(参照:国立感染症研究所HP)

 

 

治療法が無いとのことなので、予防を心がけるのが一番のようです。

うがい・手洗いはもちろん、バランスの良い食事・質の良い睡眠・適度な運動などで自己免疫力をUPするのが良いようですね。

 

 


こちらも合わせてお読みください


DVD&ブルーレイ

ベビーヨガDVD・ブルーレイ

資格講座日程

●ベビーヨガ資格●
【東京】

●2017/6/10(土)11(日)
10:30~17:30

●2017/7/22(土)23(日)
10:30~17:30  new!!

●ベビーマッサージ資格●
【東京】

●2017/5/28(日)
●2017/6/24(土)

11:00~16:30 new!!

●産後ヨガ資格●
【東京】

●2017年日程調整中
11:00~16:30

●ベビーヨガ入門●
【東京】

●2017/5/25(木)
●2017/6/21(水) new!!
10:30~12:30

●ベビーアロマBASIC●
【東京】

●2017/2/4(土)
13:00~16:00
 締切