おへそのさき ~弟や妹が生まれた時上の子に読んであげたい絵本~

おへそのさき

先日「自己肯定感を育み高める子育て」という記事の中で、どのようにしたら自己肯定感を育み、また高めることができるのか?という内容を紹介させていただきました。

 

逆に。

 

どのような事をすると自己肯定感が低くなってしまうのか。

 

 

・・・・ご存知ですか?

 

 

「自己肯定感を高める」ことと全て逆のことが、当てはまります。つまり、

 

・意味もなく怒られる事が多い

・相手にされない、無視される事が多い

・いつも自分のせいにされる

・やる事なす事ダメ出しをされる

・「あなたには無理、まだ早い」と言われ、やらせてもらえない

 

などの事が毎日毎日続いていると、「自分はダメなんだ」「出来ない子なんだ」「みんなから嫌われている」「どーせ自分なんか・・・・」「人より劣っているんだ」「誰からも必要とされていない」

 

と思い込んでしまいます。

つまり、自己肯定感が低くなってしまいます。

 

特にこのような状況になりやすいのが「弟や妹が生まれた時」です。

 

今まで自分のことだけ見てくれていたお父さんやお母さんは、自分以外の存在を優先させる。

「ちゃんとしなさい」「自分でやりなさい」「お兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだから」と言われる場面が多くなる。

会う人会う人、皆「まー可愛い!!」と赤ちゃんの方ばかり注目。。。

 

そのような時、上の子は「自分がダメな子だから皆自分に注目してくれないんじゃないか」「自分なんて、いなくてもいいんじゃないか・・・」「自分は必要ではないんじゃないか・・・」「どーせ僕(私)なんか・・・」

 

と、どんどん自己肯定感が低くなってしまう事が多いのです。(こういった体験はインナーチャイルドとなって将来様々な形で人生に影響してきます。。。長くなるので詳しくは今度。。。)

 

そのような時、自己肯定感を高める事をしてあげるのと同時に、ぜひ読んであげて欲しい絵本があります。

 

おへそのさき

おへそのさき

(入江富美子/著、のぶみ/絵)

 

生まれてきたばかりの赤ちゃんがかわいいからか、みんなあかりちゃんばかり注目して、だいちゃんが本を読んでみても、お手伝いをがんばっても、誰も見てくれません。
「もういもうとなんていらないよぉ~~」
あかりちゃんが憎らしくなってきただいちゃんは、あかりちゃんのほっぺをぎゅっとつねってしまいます。
びっくりして泣き出したあかりちゃん。つられてだいちゃんも泣いてしまいます。

それを見ていたのがお母さんです。
みんな自分よりあかりちゃんが好きなのかもしれない、と自信をなくしかけているだいちゃんを、お母さんは・・・・

(絵本より一部抜粋)

 

お母さんの関わりのおかげで、だいちゃんは明るく妹思いのお兄ちゃんへと成長していきます。

 

ぜひ一度読んでいただきたいです。

子どもだけでなく、大人の胸にも響く内容だと思います。

 

 


 

✩【日本ベビーヨガインストラクター協会】FBページ
https://www.facebook.com/babyyogajp

 

 

関連記事一覧

  1. 食事
  2. 赤ちゃん
  3. 2014年 年末
  4. Baby

講座日程

●ベビーヨガ資格●
【東京】

●2018/1/27(土),28(日)10:30〜17:30 new!!

●ベビーマッサージ資格●
【東京】

●2018/2/3(土)11:00~16:30 new!!

●産後ヨガ資格●
【東京】

●2018/2/14,21,28(水)10:30〜16:00

●マタニティヨガ資格●
【東京】

●2018/1/17,24,31(水)10:30~16:00 new!!

●ベビーヨガ入門●

●ベビーアロマBASIC●

Twitter

JBIA





一般社団法人 日本ベビーヨガインストラクター協会です。
ママとベビーの笑顔を増やしたい!
親子の絆を深めるお手伝いをしたい!!
孤独な子育てをするママを減らしたい!!!
との想いで活動しております。
インストラクターの養成、子どもの健やかな身体と心を育てるヒントになる情報を発信しております。
PAGE TOP